デンタル情報コーナー
  • 口腔粘膜の病気について
  • 口腔粘膜の病気について

    口は食べ物や外気など外からの刺激を受ける機会が多く、また常に細菌などの微生物が住んでいます。そのため、口の中の歯茎、舌、頬などの粘膜にできものなどができることが時々あります。口腔粘膜の病気についてまとめてみました。

  • 親知らずの話
  • 親知らずの話

    親が気付かないくらいの年齢になってから、すなわち15歳前後で生えてくることから、俗に親知らずと呼ばれていますが、この歯には本来、智歯(第三大臼歯)と言う名前があります。

  • 歯の痛み
  • 歯の痛み

    歯の内部にはいわゆる歯の神経(歯髄)と呼ばれる部分があります。う蝕が進行するとその歯髄に細菌が侵入して炎症を起こします。それが歯髄炎と呼ばれる状態です。

  • 子供の歯とう蝕(虫歯)
  • 子供の歯とう蝕(虫歯)

    口の中に常に存在するある種の細菌がショ糖を利用して酸を作り、それが歯を溶かすことによって生じる口の中の代表的な病気がう触(虫歯)です。一般的に乳歯は永久歯と比べて、歯の厚みが薄い、石灰化の程度が低いなどの構造上の理由からう蝕になりやすいと言われています。

  • 妊婦と歯科治療
  • 妊婦と歯科治療

    妊娠によって母体には様々な変化が現れます。特に、妊娠中は女性ホルモンのバランスが変化して口の中に炎症が生じやすい環境になります。

当院では現在、消化器内視鏡可能な医師を募集しております。
ご興味・ご関心のある方はこちらをご覧ください。
    総合案内021-6208-2255
    デンタル021-6275-4488
  • デンタル予約時間月~土曜日8:45~13:0014:00~17:45
web up
沪ICP备05036911号-1 沪公网安备 31010502001145号