歯周病予防2016年2月

歯の病気の代表的なものに「う触(いわゆる虫歯)」と「歯周病(いわゆる歯槽膿漏)」が挙げられます。どちらも放置すると最後には歯を失うことになりますが、歯周病は痛むことなく進行することがあり、気づいた時には手遅れということにもなりかねません。

歯周病とは

歯を支える組織(歯ぐき、骨、歯と骨をつなぐ組織(歯根膜))が細菌の刺激によって破壊される病気が歯周病です。そもそも口の中は健康な人でも常に細菌がいる状態で、それらが増殖して、歯の表面に歯垢(しこう)を形成します。歯垢とはいわば細菌のかたまりであり、これが歯周病の根本的な原因です。

自分で行う予防

歯ブラシ、歯間ブラシ、デンタルフロスなどの器具を上手に使いましょう。歯ブラシの最も効率的な使い方は、歯と歯ぐきの境目に歯ブラシの手先を軽く押し付けて細かく動かして磨く方法です。この方法を時間をかけて、一本ずつ磨くように行ってみてください。また、歯と歯の間に隙間がある場合には、歯間ブラシやデンタルフロスを使うことも効果的です。

歯科医院では

歯磨きでは落とすことのできない歯石を除去し、歯垢のたまりやすいところを治療します。また、歯磨きの仕方の指導も行います。歯磨きは毎日の同じ動作のくり返しのため、自分の癖が出やすく、磨き残しは他人に指摘されないと分からないものです。そのような場所から歯周病は進行します。ですから、一年に2、3回は歯科医院で磨き方のチェックや歯石除去などを受けることによって、より効果的に歯周病を予防することができます。

当院では現在、消化器内視鏡可能な医師を募集しております。
ご興味・ご関心のある方はこちらをご覧ください。
    総合案内021-6208-2255
    デンタル021-6275-4488
  • デンタル予約時間月~土曜日8:45~13:0014:00~17:45
web up
沪ICP备05036911号-1 沪公网安备 31010502001145号