デンタル施設について
  • オルソ·パントモグラフィ

    口の中全体を見るためのレントゲン撮影です。
    あごの部分を骨を切り開いたように平面でみることができます。
    これにより口全体のむし歯や歯周病の状態をレントゲン写真上で確認することができます。
    また、親知らずや顎の関節の状態を知ることができます。

  • 歯科用デジタルX線装置

    デジタルX線の被曝線量は、従来のアナログX線と比較して約1/4になっており、約0.0044~0.09mSv(部位、撮影範囲、体格により変わります)です。胎児に影響が出る可能性があるとされている被曝線量は約100mSv、日常生活で自然に浴びる放射線が、日本の場合平均約1.5mSv、ブラジルのガラバリ市街地では10mSv、東京からニューヨークまで飛行機で移動した場合、0.19mSv、ですので、デジタルシステムによるレントゲン撮影の被曝線量は最小限に止めることができます。また、撮影をする際に着用していただく防護エプロンには鉛が入っており、鉛は放射線を通さないので、覆われている部分は放射線による被曝線量をほぼゼロにすることができます。

  • EMS エアフローマスターピエゾン

    エコーを利用して歯垢または歯石の除去、根管の拡大、洗浄または清掃、異物などの除去、歯科修復物の接着性の強化または歯面の清掃に使用します。
    特に、茶渋やタバコなどによる歯の着色に、専用のパウダーを吹きつけることで色を洗浄、除去するのに効果的です。

  • EMS ミニピエゾン

    歯石を除去する際の患者様の負担をかぎりなく抑えることのできる最新機器です。パワーを細やかに調整することで、従来の歯石除去の際にあった痛みを大幅に軽減しています。また、器具が従来より細いため、より深い部分の歯石を除去できるようになっています。

    総合案内021-6208-2255
    デンタル021-6275-4488
  • デンタル予約時間月~土曜日8:45~13:0014:00~17:45
web up